足むずむず症候群はこちら|効果的に改善

足むずむず症候群のためのサイトです。効果的に改善しましょう。
MENU

足むずむず症候群について

両脚がむずむずして気になるので、じっと椅子に座っていられないとか、
夜寝ようとしても寝付かれない、寝付いてもすぐに目が覚めてしまうというのが、
むずむず症候群と言う病気です。

 

いつ頃からある病気なのか

むずむず脚症候群が医学関連の文献に現れたのは古く、1685年とのことです。
それから300年以上経った現時点で、その原因は特定されていません。
しかしこの10年ほどの研究で、かなり判明した原因もあります。

 

 

脳の神経伝達に原因がある?

最近有力な原因説は、脳の神経伝達です。
身体は四六時中外部から何らかの刺激を受けていますが、
小さな動作でも刺激が指などに伝わります。
指への刺激は、末梢神経から脊髄を経由して脳に伝わります。

 

脳に伝わった刺激は情報ですが、脳は神経細胞で情報のやりとりをします。
脳の神経細胞は、一方が神経伝達物質を出し、片方がそれを受けとります。
この際に神経伝達物質の受け渡しが正常であれば、
外部からの刺激は正確に脳に伝わります。

 

ところが、何らかの理由で神経伝達物質の受け渡しが異常を来すと、
外部からの刺激は正しく伝わりません。
小さな刺激を大きな刺激と脳が勘違いすることはあり得ます。
むずむず脚症候群では、このような現象が脳内で起こるからだと言われています。

 

 

ドーパミンが大いに関係する

脳内の神経伝達物質はたくさんあり、
むずむず脚症候群に関係するのはドーパミンという物質です。
ドーパミンはやる気を引きだす脳内物質ですが、不要な刺激をカットする作用もあります。

 

脳が勝手に判断するのですが、小さな刺激に敏感に反応していると、
大きな痛みなどの時に反応が遅れてしまいますから、
ドーパミンが小さな刺激をカットします。

 

ところが、ドーパミンが神経細胞間で正しく受け渡しがなされないと、
ブロックされるはずの小さな刺激が伝わり、
むずむず脚の症状を引き起こと言う説があります。

 

足むずむず症候群で病院を受診するなら

脚むずむず症候群という病気がありますが、この病気は脚がむずむずするという、
非常に感覚的な症状であるために、病院を受診するべきかどうか、
つい迷ってしまうという人も多いそうです。

 

脚がむずむずして眠れない、ということが大きく生活に影響するのは、
よほど深刻化した場合であり、多くの場合はその前に症状が治まるため、
そこまで危険視していないという人も多い状況です。

 

しかしながら、最悪の場合は自律神経失調やうつ病などの神経疾患になることもあり、
生活の質を大きく下げてしまうリスクもありますし、
日中に睡眠不足から様々なトラブルが生じる可能性もあります。

 

長引くようなら、一度医療機関で受診するようにしましょう。

 

医療機関を受診する前に

しかしながら、医療機関に行くにしても、何科に行くべきでしょうか。

 

答えとしては神経内科や精神科がベストになります。
皮膚疾患ではなく神経疾患であるため、皮膚科では対応できない可能性もあります。

 

また、医療機関を受診する前に、可能な生活習慣の改善は行なっておくべきです。

 

そうでなければ、不規則な生活から来るトラブルなのか、
それとも神経の異常によるものなのか判断しにくくなってしまい、
結果、治療が遅れてしまい、症状が進行することもあります。

 

そして、投薬が必要な場合には副作用などの関係もありますので、事前に持病や治療中の病気、
服用している薬の種類、妊娠や日中の眠気症状などについてはしっかり伝えられるように
準備して診察に臨むのが良いでしょう。

 

もしも血縁者に同じ症状の人がいれば、その症状についても伝えましょう。

 

可能なら、就寝や起床の時間や体調などを記録した睡眠日記をつけておいて、
それを医師に提示できるようにするとベストです。

 

問診に対する回答にブレが出ないようにするためにも、
そういった資料があると助けになります。

 

医療機関を受診する際に

医療機関を受診する際には、しっかり医師の指導に耳を傾けましょう。

 

中には、辛いという思いから薬物治療を強く望む人もいますが、
医師からは生活指導や食事療法だけを指示されて落胆し、通院を止める人もいます。

 

症状が辛いことはありますが、薬剤は副作用のリスクもありますから、
出来る限り食事療法や生活指導で治すのがベストな治療法なのです。

 

そして、できる限り血液検査などの検査はちゃんと受けましょう。
血液検査だけならそれほど費用も高くなりませんし、
より正確な診断や問題の発見に繋がり、治療の確率も高まります。

 

一日入院しての検査を提案される場合もありますが、こういった場合にも、
できる限り都合をつけて早めに検査を受けるのが良いでしょう。

 

基本的に脚むずむず症候群は慢性化しやすいため、
その場しのぎの対応をしてもすぐに再発してしまいます。

 

つらい症状を早く何とかしたいと考える気持ちはわかりますが、
長期化や再発を防ぐためには、しっかりした検査と着実な生活改善が、
回り道なようでもしっかりした治療の近道になるのです。
足むずむず症候群 改善

このページの先頭へ